--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.1523:57

~Boon GANTZ~

【GANTZ 】
世界各地に存在し、その正体、目的が一切不明の直径約1mの謎の黒い球体。正式名称も不明で、東京では「ガンツ」、大阪では「黒アメちゃん」などと呼ばれている。

球体内には人工呼吸器に似た器具を取り付けられた全裸の男性が座っており、この人物をガンツと呼称する場合もある。

死んだ人間を蘇らせ、「星人」と呼ばれる正体不明の怪物と戦う任務(ミッション)に強制的に参加させる。また、劇中の表現によればガンツに招集された人間は、言わばファックスから出てきたコピーであり、オリジナルは死んでいるとされる。




【ルール】

ミッション開始直前に死んだ人間が複数人選ばれ、マンションの一室に転送される。
この時点でミッション参加者の頭蓋内には小型爆弾が埋設され、今までに負っていた怪我や傷、病巣などは全て消失する。
前ミッションの残存メンバー達もまた、同様に転送されてくる。
壁やドアに接触することはできず部屋の外へは出られない状況に置かれる。
全員の転送が済むと、数分後に球体から音楽が流れる。
ガンツの表面に、いい加減な日本語のメッセージが浮かび上がった後、標的である星人の容貌と特徴、好きなもの、口癖などが表示される。
ただしどの情報も当てにならず、表示された標的以外の個体が多数出現することが多い。
ガンツの両サイド・裏側が引き出しの様に開き、メンバー全員分のスーツの入ったアタッシェケースと銃器類が出てくる。
全員が星人の生息するフィールドに順次転送される。
出現する星人を制限時間内に全て倒す。
ミッション中、一般人と遭遇する事があるが、一般人はミッション参加者と星人の姿を光学的に認識できず、音声も聞こえない。
ミッション参加者がおよそ1km四方とされるミッションフィールドの境界線に接近すると頭蓋内爆弾が起動。
警告音が発報し、外側に出るとミッション放棄とみなされ爆発する。
星人を殲滅すると、ガンツの部屋に再転送される。
フィールドでの負傷者は負傷する直前の状態で転送されるが、死者は転送されず、頭蓋内爆弾が爆発する。
負傷者は怪我の度合いによって傷だけ修復される場合と、負傷直前の状態まで遡って転送される場合がある(主に致命傷を負った者が後者)。
そのため、後者の場合は負傷後の記憶が無い状態で転送されることになる。
生存者が全員転送されると“採点”が始まり、倒した星人の強さに応じた点数が各メンバー毎にガンツの表面に順次表示される。
採点が終わると、ドアに触れられるようになりガンツの部屋から出て日常生活に戻ることができる。
一定期間が経過すると、ガンツの部屋に呼び戻されミッションが始まる。
ミッションは不定期に行われるが、招集されるのは概ね夜間である。
転送される直前には寒気がして身体が硬直する。

【 点数 】

星人を一体倒す、もしくは転送させるごとに点数が加算される。
一体あたりの点数は一定ではなく、種族や個体によって広範な格差がある。
累積点が100点に到達すると以下の3つの特典が提示され、100点分の得点と引き換えにいずれかを選ぶことができる。

1. 記憶を消されて解放される
その場で自宅などに死亡直前の姿で転送され、それまでのミッションに関わる記憶は消去された状態になるが、それ以外の無関係な情報は残っており、記憶が曖昧になる。
2. より強力な武器を与えられる
より強力な武器が用意され、以降のミッションで使用可能となる。残余得点は繰り越しとなる。
3. MEMORYの中から人間を再生する
メモリー内のメンバーから1人を再生する。残余得点は繰り越しとなる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/GANTZ(Wikipediaより引用)

続きを読む

2009.06.1320:05

ブーンたちは漂流したようです

レミングという動物を知っておられる方は多いのではないでしょうか。
彼らには集団自殺をするという極めて稀な習性を持っているということで有名です。
なぜ自殺をするのか。それはつまり、個体数を調整するためである、と。
生物を取り巻く環境には、収容力、つまり個体数の上限があります。
それを超えて繁殖してしまうと、その生物はやがて環境に受け入れられなくなり、絶滅します。
アリゾナ州のシカがなどがその一例として挙げられるでしょう。
人の手によって外敵を失ったシカ達は爆発的に繁殖し、やがてはえさを食べつくして消えていきました。
さて、レミングの話に戻りましょう。
彼らは数年に一度大発生することで知られています。つまり、個体数の上限を突破してしまうのです。
そうなった時、彼らは集団での移動を始めます。
そして一部が海岸から海に入って溺れ死ぬ、その様子が集団自殺の例として挙げられるのです。
森林におけるレミングの数が異常に増えてしまった。
このままではいずれ環境に適応できなくなり絶滅してしまう。
そこで彼らは集団自殺を行うことによって個体数を減じて種を存続させようとするのです。
これはつまり、個体が集団を優先させたという顕著な事例なのです。
生物の第一目的とは種の存続なわけですから、
このような行動が発生してもなんら不思議なことではないのです。
……というようなことが、さも真実であるかのように語られている節があります
しかしこれは、全くの虚偽であるのです。
レミングは決して種、或いは集団の利益を優先しているわけではないのです。

・・・

・・



続きを読む

2009.06.1302:12

ブーン達はマインスイーパに集められたようです 2巡目

―18―









腐ったゲームをやらされてた。
見ず知らずの10人が集まり、命がけのマインスイーパをやらされるゲームだ。
ゲームも後半へ入り、失格によって命を失った者も3人出た。

長かった一巡目は終わり、とうとう二巡目へと進む。
これでまたランダム指名、僕への指名がありうる状態になったのだ。

残ったランクは、初級が1回と、中級が2回。
残った人は、僕とモララーさんとショボン君とハインさん、ジョルジュ・ペニサス
……たった、6人





続きを読む

2009.06.1302:07

ブーン達はマインスイーパに集められたようです 1巡目






―登場人物―


( ^ω^)ブーン。中学三年生

('A`)ドクオ。無職

(´・ω・`)ショボン。小学生

( ・∀・)モララー。サラリーマン

( ´∀`)モナー。定年後、無職

(*゚ー゚)しぃ。高校生

从 ゚∀从ハイン。大学生

( ゚∀゚)ジョルジュ。???

川 ゚ -゚)クー。薬の研究職

('、`*川ペニサス。???(パソコンが得意)




続きを読む

2009.06.1117:20

ブーンがあの事件に挑むようです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AE%AB%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6
↑鮫島事件を知らない人はまずこちら






インターネット巨大匿名掲示板、2チャンネル。
2006年現在、発足当時から比べその知名度は、もはや聞いたことのない者は居ないといっても過言ではないほどになっている。
膨大な過去ログや日々乱立する糞スレ。その中で稀に生まれる良スレ。
まるでこの世界の縮図のように、独自の世界を作り出している2チャンネルに惹かれる者は後を立たない。
2006年3月8日。
日本のある町で、一人の少女が2チャンネルに足を踏み入れた。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。