--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.0518:54

約束

1 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/05(月) 20:16:43
電車で女の子を助けてしまいますた
と言ってもサイフを拾って届けただけだけど。
電車じゃなく地下鉄だけど。
相手はメガネだったけど。

考えてみたら電車で女の子を助けたことは何度もあるぞ。
そういう人いるでしょ?

今日は台風が来てるせいか夕方の電車は混んでた。
目の前にメガネをかけた女性がいて、
ちょうど僕の胸にひっつくような感じだったです。
ちょい萌えますた(w

電車が止まる時に向こうからぶつかってきて、
彼女がカバンをぶっちゃけてしまいました。
周りの人は無視してたけど、僕とぶつかったせいでも
あるんで一緒に拾ってあげました。

彼女は僕に礼を言うと慌てて降りました。
そこが降りる駅ってこともあったかもしれないけど、
たぶん恥ずかしかったからだと思う。
拾ってる時、けっこう白い目されたし。

拾い残しがあるんじゃないかと思って注意深く床を見渡すと
案の定、パスケース(サイフ)と化粧品みたいのが落ちてた。
慌てて声をかけたけど、ほとんどドアが閉まる瞬間だったので
彼女は気付いてないようでした。
車内に残された僕はバツが悪かったです(大笑

仕方ないんで次の駅で折り返して彼女が降りた駅に戻りました。
まだ彼女がいるかと思って探したけど居ませんでした。
ダッシュで改札を抜けて表に出てみたけど、
やはり、いません。
駅に届ければいいや、と思って駅員がいる所に行くと、
中に彼女が座ってました(苦笑
ガラスを叩いて彼女にサイフを見せると、
メチャクチャ「助かった」という顔をしますた(w

駅員に事情を説明すると、別の駅員(偉い人?)がやってきて
同じことを説明させられますた(-_-
彼女は何かを書かされてました。
僕も連絡先を教えろと言われたんで名刺を渡しときました。

10分くらいで彼女は改札を出ることが出来ました。
禿げしくお礼を言われたけど、「良かったですね」と
言って帰ってきたよ(w
ヘタれだなぁ‥‥やっぱ


937 名前:1 投稿日:2005/09/16(金) 21:18:44
今日メガネっ子から
話しかけられました(イエぃ!
でわでわ。。。

帰りの電車(地下鉄)に乗ってたら不自然に近寄ってくる女の子がいて、
何か変だな‥‥と思ったらメガネっ子でした。
10日以上前の事で正直、顔をハッキリ覚えてなくて、違うかなぁ‥と
思いつつ向こうも何か話し掛けたそうな雰囲気があったんで、思いきって
「ども」と言ってみると、「こんにちは」と言われました(w
で、降りる筈の駅で彼女が降りなかったので「降りないの?」と聞いたら
「あ、そうですね」と彼女。
天然なのかよく分かんないけど、何か喋りたそうな雰囲気はあったかも。
しかしよく見ると彼女若いぞ‥‥。
下手したら20歳くらい僕より若いような気がする(苦笑
そんなワタシは今年37歳(鬱

49 名前:前スレ1 投稿日:2005/09/22(木) 04:09:50
お久しぶりの前スレ1です(‥‥って覚えてる人いるのか?

昨日、メガネっ子とプチデートしてきましたv
帰りの地下鉄で同じ電車になって、前みたいに何気に近付いてきたんで
軽く話してると、流れ的に「夕食おごってくれる」ということになったんで、
彼女が降りる駅で一緒に降りて、ピラフおごってもらいました。
安上がりな男だ‥‥僕って(w

歳を聞くと19才とのこと。
学生ではなく働いているそうです。
微妙な年齢だ。。。


60 名前:82 投稿日:2005/09/23(金) 01:48:48
彼女が前スレ1さんに興味持ってるのは確かなんじゃない?
だけどまだ十代でしょう……後先考えたら前進めないよね……


77 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/23(金) 02:45:27
前スレ1に質問

●お前とメガネっ子の詳細スペックを教えれ
●お前はメガネっ子のことが好きなのか?

80 :前スレ1:2005/09/24(土) 23:43:11

>>60
興味というか、お礼はしておこう‥‥くらいの感覚だと思うです。
いや、それも興味の一つか?(w

>>77
詳細スペックったって、大したことは知らないっすよ(苦笑

彼女‥‥
メガネかけてて見た目は歳より若く見える(実際は19歳らしい)
身長は僕のアゴよりも下くらい(僕の身長は175cm)
あと‥‥書くことないな

僕‥‥
37歳、見た目は若い‥‥筈(若作りの為、努力してる‥‥w)
仕事は広告関係。
あと‥‥書くことないな

メガネっ子のことは好きとかいう話しではないですね。
みんなも言ってるように年齢差あるんで想定の範囲外って感じ(w


82 :('∀`):2005/09/24(土) 23:57:03
若作りの為にどういう努力をしてるのか具体的に教えて欲すぃ


84 :前スレ1:2005/09/25(日) 00:04:03
>>82
(1)
髪にメッシュ入れる‥‥これだけで5歳は若く見える!(w

(2)
腹筋を毎日欠かさずに行う。
30過ぎたら油断すると弛む。。。

(3)
普段の食事は野菜中心‥‥てか、爺婆のような献立。
雑穀米、納豆、味噌汁って感じ。
食生活を変えるとマジで肌の張りが変わるよん。

(4)
若い子の生き血は飲みません(w


85 :('∀`):2005/09/25(日) 00:08:12
髪にメッシュ・・・・
やっぱ美容室とやらに行かなくちゃダメなのか


86 :('∀`):2005/09/25(日) 00:10:56
眼鏡っ子の容姿ってどうよ?
誰かに似てる?


87 :('∀`):2005/09/25(日) 00:25:07
18才下に手を出す1は犯罪者


88 :前スレ1:2005/09/25(日) 00:25:08
>>86
美人じゃないけど可愛い方だと思われ。
誰かに似てるとかは特に思わないっす。

>>87
出さない出さない(w


90 :('∀`):2005/09/25(日) 00:28:07
出せよ!
そうでないと話題が続かん!

97 :('∀`):2005/09/25(日) 00:42:53
実際、歳の差ってどよ?
やっぱギャップとかあるの?

100 :前スレ1:2005/09/25(日) 00:48:07
>>97
自分的には感じないけど、ギャップはあると思うっすね。
話してたら何だか、先生と生徒みたいな感じになってたような(苦笑

37歳と19歳では知識の量が違うじゃないですか。
(頭がいい悪いに関係なく)
だから話してる半分は理解してもらえてないような
気がするんですよ。

僕が話してても「はぁ」とか「へぇ」とか「そうなんですか?」って
返事が多い(苦笑
会話が噛み合ってないな‥‥と思いますた。
まぁ、年齢差ってよりは相手の性格なのかもしれなけど。

104 :('∀`):2005/09/25(日) 01:04:23
> メガネっ子のことは、好きとかいう話しではないですね。
> みんなも言ってるように年齢差あるんで想定の範囲外って感じ(w

これは本音じゃないな。
想定の範囲外なら一緒に食事なんかしないだろ。
わざわざスレに経過を書込む筈はないし、質問に答える必要もない。
何らかの進展を望んでいるからこその行動だろ?


106 :前スレ1:2005/09/25(日) 01:17:24
>>104
けっこう鋭いっすね(w
正直言うと少しワクワクした感じはありました。
実際、ご飯おごってもらったのも「何かお礼を」と言うんで、
僕から「ご飯おごって」と言いますた。
金銭的な負担をかけないように、ってこともあったけど、
半分はデート気分を満喫したい‥‥ってのもあったし(ははは
でも、進展は望みようが無いです。
連絡先が分からないからコンタクトも出来ないし。
やっぱ年齢差は大きい。。。

108 :('∀`):2005/09/25(日) 01:28:53
同じ電車に乗ってるならコンタクトあるじゃん

118 :前スレ1:2005/09/25(日) 20:46:32
残業ばっかでタクシーで帰ることが多いっす(泣
地下鉄で帰れるのは週に1、2回くらい。


119 :('∀`):2005/09/25(日) 21:07:18
毎日、地下鉄で帰れよ・・・


120 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:16:14
>>119
世の中、そんなに甘かぁない(w


121 :('∀`):2005/09/25(日) 21:18:11
ちょっと待て!
地下鉄で帰る時に彼女と会ってる確率はどれくらいなのだ?


122 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:18:57
あ‥‥


123 :('∀`):2005/09/25(日) 21:19:26
何?


125 :('∀`):2005/09/25(日) 21:21:42
どした???


126 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:22:07
記録してるわけじゃないんでハッキリとは分からないけど、
今月は地下鉄で帰ったのは5回くらい。
5回のうち3回は会ってるってこと?

128 :('∀`):2005/09/25(日) 21:23:20
滅茶苦茶、確率高いやんけ!!!!


129 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:23:52
いや、冷静に考えたら最初は関係ないから2回だった(w


130 :('∀`):2005/09/25(日) 21:24:24
すげぇじゃん!


131 :('∀`):2005/09/25(日) 21:24:37
1は毎回同じ時間の電車に乗るのか?
違うなら詳しく教えれ

133 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:27:11
決まった時間ってのは無いですね。
大体、6~9時の間って感じっす。
終業は他のスタッフの状況次第なので(泣
何も無い時は6時で帰れるし、遅い時は深夜。
ただ、10時を過ぎたらチケットもらえるんで、
9時以降なら迷わずタクシーで帰ります(w


134 :('∀`):2005/09/25(日) 21:28:13
10時でチケットかよ!!


135 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:28:30
主任だけど待遇は課長ですv


136 :('∀`):2005/09/25(日) 21:29:28
6-9時に電車は何本走ってるのだ?


137 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:30:40
10~15分に1本くらい。
時刻表の必要が無い(w


140 :('∀`):2005/09/25(日) 21:37:20
確定じゃん。

仮に6~9時台に15本の電車が走っていたとして、
メガネっ子もその時間帯の電車を利用していたとする。
お前が乗ってる電車の時間にばらつきがあるなら、
メガネっ子とお前が同じ電車に乗る確率はおよそ6.6%だ。

しかし彼女がお前と同じ車両に乗り込んで、且つ偶然に
お前を見かける確率を考慮すれば、どんなに多く見積っても
3%ってところだろう。
つまり33回乗って1回会える程度の確率ってことだ。

それが5回のうちの2回だぞ。
どう考えたってこれは不自然だ。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。

お前、明日は残業ほどほどにして地下鉄で帰れ。


141 :('∀`):2005/09/25(日) 21:39:01
確定キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!


142 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:40:02
うそ?


143 :('∀`):2005/09/25(日) 21:40:59
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。
メガネっ子がお前に合わせてると考えるのが妥当。


144 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:42:27
有り得ん有り得ん(苦笑

145 :('∀`):2005/09/25(日) 21:43:28
確率的には偶然の方があり得ないの!!!

147 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:46:21
え?会ってどうすんの?
いや、会えると決まったわけじゃないけど。


150 :('∀`):2005/09/25(日) 21:49:01
告白しる


151 :前スレ1:2005/09/25(日) 21:50:45
何でやねん(w
が、少し手が震えてるぞ(苦笑
冷静に考えたら、彼女と出会ってる回数は不自然だと思うっす。
それは認めるけど、お礼を言いたかったからでない?
だとすると既にお礼は済んでるんで、仮に彼女が待ち伏せてた
としても、もうやってないと思う。。。

153 :('∀`):2005/09/25(日) 22:01:10
どこの世界にサイフ拾ったお礼に2週間近くも待ち伏せする女がいるっちゅーねん!


154 :('∀`):2005/09/25(日) 22:03:39
どう考えても不自然じゃん


155 :('∀`):2005/09/25(日) 22:05:55
何でもいいから明日は地下鉄で帰れ!
そして結果を報告しる!!


157 :前スレ1:2005/09/25(日) 22:09:25
仮に会ったとしても、そういう関係(どういう関係?)でもないし、
付合うとか有り得ないし、どうすることも出来ないんですが‥‥(w

161 :('∀`):2005/09/25(日) 22:18:48
好きとか付き合うとかはひとまず置こう。
しかし、お前がメガネっ娘と会ってる回数は偶然ではないことは明白。
その理由を知りたいとお前は思わんのか?
明日、会わなければ、お礼を言いたかっただけだと結論付けられる。

174 :前スレ1:2005/09/26(月) 02:13:37
色々考えたけど、152で言った通りだと個人的には思うっす。
けれど確認の意味で、今週くらいはなるべく地下鉄で
帰るようにしてみます。
でも、会ったからって展開は無いと思うよ(苦笑
でわでわ。。。


175 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 02:19:49
展開しろよ!


183 名前:カイ 投稿日:2005/09/26(月) 19:59:28
前スレ1はまだかなぁ?
早く報告がききたい!


184 名前:前スレ1 投稿日:2005/09/26(月) 21:04:59
いた!!
改札のとこにいた( ;゚Д゚)))
何で改札知ってるの!?

189 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 21:12:14
ん?改札??


190 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 21:12:59
どーいう意味?

194 名前:前スレ1 投稿日:2005/09/26(月) 21:15:48
改札は一つじゃないでそ?
何で僕が使ってる改札を知ってるわけ?
おかしいよ、これ!

196 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 21:16:58
待ち伏せだ!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !

198 名前:前スレ1投稿日:2005/09/26(月) 21:20:58
7時過ぎに会社を出て駅に行った(歩いて5分)
エスカレーターを降りて改札に行くとベンチに彼女が座ってた。
気付かれる前にダッシュで逃げた。
ミスドに入って時間潰してからもう一度行ったらまだいた。
これってストーカーじゃん( ;゚Д゚)))
恐くて別の改札で帰ってきた。


199 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 21:23:00
何じゃそりゃぁぁぁ!!!!!!!!!


200 名前:('∀`) 投稿日:2005/09/26(月) 21:23:20
恐怖を感じたか?

203 :('∀`):2005/09/26(月) 21:25:14
それはストーカーとは言わんぞ


205 :('∀`):2005/09/26(月) 21:26:20
おまえと会う為に待ってただけじゃないの?


206 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:26:39
仮にメガネっ子が僕を待ち伏せしてたとしてもホームでなら分かる。
でも、僕がどの改札を使ってるかまでを知っているのはおかしいと思う。


207 :('∀`):2005/09/26(月) 21:27:22
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

208 :('∀`):2005/09/26(月) 21:28:36
乗ってる車両からどの改札を使ってるかくらい推測できるだろ?

209 :('∀`):2005/09/26(月) 21:29:09
狙われてる・・・?
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル


210 :('∀`):2005/09/26(月) 21:30:17
いや、改札よりホームで待ってる方が確実だな
電車に乗る限り絶対に現れるからな



214 :('∀`):2005/09/26(月) 21:33:39
でも、19歳のストーカーなら萌え(・∀・)


215 :('∀`):2005/09/26(月) 21:34:51
前スレ1を偶然その改札で見かけたとも考えられるぞ。
それ以来、その改札で待っている。
地下鉄の場合、何本を電車をやり過ごすと目立つからな。


216 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:34:51
>>214
僕の身にもなってくれ(w


217 :('∀`):2005/09/26(月) 21:35:57
もしも、サイフを拾った翌日から彼女がお前の事を張ってたとしたら
20日以上も毎日、来るか来ないか分からないお前の事を待ってたことになる。
サイフを拾ったくらいで普通そこまでするヤツは居ない。
別の理由があるか、メガネっ子がキティかどっちかだ。
それは直接会ってるお前しか分からんだろ。

キティだと思うなら放置、そうじゃないと思うなら直接聞くしかない。


218 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:37:24
>>217
うわ、それは恐い


219 :('∀`):2005/09/26(月) 21:39:03
キティが?


221 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:40:23
>>219
キティちゃんじゃないと思うけど、直接聞くのはNGの方向で。。。


222 :('∀`):2005/09/26(月) 21:42:35
確認のため
明日も地下鉄で帰ってみろ
いたらコワイナ


223 :('∀`):2005/09/26(月) 21:42:41
聞かんと分からん!
つ~か俺はお前に惚れてるんだと思うぞ


224 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:45:57
>>222
それでいたらどうするの?( ;゚Д゚)))

>>223
話しが飛躍してない?
サイフ拾ったくらいで惚れられるワケないと思うっすよ。
ましてや親子でもおかしくない年齢差(苦笑
有り得ない。。。


225 :('∀`):2005/09/26(月) 21:49:08
いたらはっきり言ったほうがいい!
「誰を待ってんの?」って!
「前スレ1さんです」って言われたら・・・
どうしようかね?

229 :前スレ1:2005/09/26(月) 21:51:30
恐えぇ~~~~~ ( ;゚Д゚)))

237 :('∀`):2005/09/26(月) 22:05:33
彼女の心情と行動を冷静に分析してみれ。

●困っていたのを助けてもらった
たかがサイフを届けただけかもしれんが、そのサイフにはお金や定期以上に
大切なものが入っていたかもしれない。
前スレ1が考えている以上に感謝してるかも。

●降りる筈の駅で彼女が降りなかった
普通ならお礼を言って降りれば済む話し。
前スレ1が降りるきっかけを奪ったのじゃなければ、
わざと降りなかったと考えるべき。

●食事に行った
キャッチや勧誘ならこの機会を逃す筈がない。
ここで営業せずにわざわざ駅で待ち伏せするなんて非効率的な事はしない。

239 :前スレ1:2005/09/26(月) 22:10:30
>>237
> キャッチや勧誘ならこの機会を逃す筈がない
説得力ありますね。本気にしちゃいそう(w


244 :前スレ1:2005/09/26(月) 22:26:18
なんか頭がぐるぐる(@_@)
直感を信じるなら彼女が悪い人ってことは無いと思う。
むしろ純朴そうな雰囲気すら漂ってるし、
人を陥れるような子には見えない。
もしかしたら、215が言ってるように
彼女は偶然、僕を改札で見かけたのかもしれない。

けど気があるとか話したいってんなら、
飯食った時に連絡先くらい聞くもんだと思う。
そうせずに待ち伏せしてるってのは、
やはり普通じゃないのでは?


245 :('∀`):2005/09/26(月) 22:29:48
ふむ、一理あるな


246 :('∀`):2005/09/26(月) 22:31:39
奥手で聞けなかったとか?
そんなカンジの子っぽいし


247 :('∀`):2005/09/26(月) 22:35:19
連絡先聞きそびれたから
待ってるのかもしれないな


248 :('∀`):2005/09/26(月) 22:42:18
それだ!


249 :('∀`):2005/09/26(月) 22:49:44
>247
何日も待ってて、そんなマヌケなことするかなあ??


250 :('∀`):2005/09/26(月) 22:58:39
ダメぽ。
所詮俺らに女心なんか理解できる筈がない、、、
逝ってきます。


251 :前スレ1:2005/09/26(月) 23:04:43
あくまで僕の意見っすけど、
連絡先を聞き忘れるってことは無いと思う。
だって、僕が「連絡先聞かれないかなぁ」と思ってた
くらいだもの(w
‥‥参考にならんね ヽ(`Д´)ノ

253 :('∀`):2005/09/26(月) 23:10:09
>>251
飯食ってる時、どういう状況だったわけよ?
雰囲気とか

257 :('∀`):2005/09/26(月) 23:46:29
前スレ1よ!
明日も地下鉄に乗って
メガネッ子がいたら君はどうするんだ?
もし君にその気がないのであれば
「お礼は先日の食事で済んだでしょ?」
とやさしく教えてあげるのも男!だぜ?

258 :前スレ1:2005/09/26(月) 23:54:23
>>253
大したこと書けないけど(苦笑
お礼を‥‥という話しで丁度腹減ってたんで「ゴハンおごって」と言った。
でも19歳からタカるのも忍びないんで適当に安い店に行こうと思った。
かと言って、ラーメンとか定食屋ってわけにもいかず、よく行くピラフ屋に行った。
コーヒー付きで800円なら許されるだろう、とか(w

特に緊張するとかでもなく普通に話してたと思う。
何の仕事やってるとか、仕事でパソコン使ってるとか、出身地がどことか
独り暮らししてるとか、そんな内容。
話してるうちに、こりゃまるで学校の先生と生徒だな‥‥とか思った(苦笑

ついでにもう会うことも無いだろうな‥‥とも思った。
少なくとも話しが弾んで意気投合って雰囲気じゃなかったし(w
若い子と飯が食えてラッキー‥‥くらいの感覚だった。
別れる時も「ご飯おごってもらってありがとう」「いえいえ、どういたしまして」
的なノリで、後髪を引かれるとかそういう感じでは無かった。


>>257
その気、とかではなく「ひたすら恐い」ですよ。
毎日、何時間も待ってるなんて普通じゃないと思いません?

‥‥と言いつつ、実は他の誰かを待ってるところに偶然、
遭遇したんじゃないかと考え出してますが(w
何かそんな気がする。。。


260 :('∀`):2005/09/27(火) 00:03:29
それこそ確率的にあり得んということに気づけよ

264 名前:前スレ1 投稿日:2005/09/27(火) 00:48:56
申し訳ない。
今日は落ちるっす。
もはや思考がストップ。。。

268 :('∀`):2005/09/27(火) 17:29:04
一日ぶりにきてみたら、何だこの異常状態は?
めがね娘が前スレ1を待ってる?
なんじゃそりゃ?漏れだったら喜んでいくが。w

271 :('∀`):2005/09/27(火) 21:22:01
今日はメガネっ子はいたのかな?
気になるのぅ


272 :前スレ1:2005/09/27(火) 21:28:32
話してきた。
何だかややこしい話しだった。

行くつもりは無かったけど、夕方くらいから気になってた。
本当に待ってるんだったら行かないと悪いような気もした。
そういうことを考え出すと落ち着かないし仕事も手につかなかった。
結局、7時になる前に会社を出た。

だけど彼女は居なかった。
ホっとしたようなガッカリしたような妙な気分になった‥‥
てか、ちょっと腹立だしく思ったりした。

社に戻ろうかとも思ったけど、面倒なんで帰ることにした。
で、電車に乗った。
駅をいくつか通過したところで突然、彼女が現れた。
いつの間にか横に立ってて、気付くと頭をペコリと下げた。

不意をつかれてビックリした。
背中は水を浴びたみたいに冷たい汗出るし、心臓はバクバク鳴った。
その一方で冷静な自分もいて、まるでサスペンスドラマのようだな
とか考えてた。
しばらく何も話せなかった。
彼女も何も話さなかった。


先に口を開いたのは彼女だった。
「また会いましたね」
内心「しらじらしいな」と思ったりした。

いよいよ、サスペンスめいて引きかけたが、
このまま引いても気持ち悪さが残るだけのような気もして
思いきって言った。
「今から予定あるの?」
話すならどこかでゆっくり‥‥と思って、そう言ったんだけど、
言ってから「まるでナンパみたいだな」とか思った。
「何も無いですよ」との返事だったので「お茶でも飲む?」と言った。
これもナンパみたいな台詞だなと思った(苦笑


彼女が降りる駅で一緒に降りてデカいカフェに入った。
喫茶店よりも開放感があるので話しやすいと思った。
彼女が金を払おうとするのを制して僕が一緒に払った。
すると彼女は「次は私が払いますね」と言った。

次って何だよ!次って!!!(←心の声)

ストーカー確定だ‥‥と思った。
得も言われぬ恐怖感を感じた。
しかもテーブルについてまっ先に彼女が言った言葉は
「そうだ、連絡先教えてもらえます?」だった。
一瞬、怯んだが、それを悟られないように落ち着いて言った。
「メールでもいい?」

アドレスだったら、いざとなれば変更すればいいと思った。

彼女は首をかしげながら「はい、いいですよ」と言った。
ニュアンス的には「いいですよ?」って感じだった。
その仕種を見て「あれ?」と思った。
何だかすごく普通に見えた。
平たく言えば「可愛いじゃね~か」と思ってしまった(w

対面で彼女を眺めると、別におかしな所は無いように見受けられた。
もちろん、本物のストーカーだって一見したら普通なんだろうけど。
ともかく正常な雰囲気だったんで普通に話した。
「もしかして僕をどっかで待ってた?」

「え?」
彼女はビックリしたようだった。
動揺してるのがアリアリだった。

僕は黙ってた。
沈黙に耐えられなくなったのか、しばらくすると
「あ~~、バレましたか」と彼女は言った。

半分は分かってはいたものの、
やっぱり「ガ━━(゚Д゚;)━━ン!」って心境だった。

なるべく彼女を刺激しないように軽いノリで理由を尋ねた。
すると彼女は「この前の返事を言おうと思って」と答えた。

彼女の説明によると、食事の時に話したあることが、
彼女にとってすごく励みになったということだった。
その事をずっと考えてて、返事(大したことではない)を
言いたいために何とかして僕と会おうと探してたと言う。

分かったような分からないような理由だけど、
この話し、何かおかしいぞ。。。
彼女は6日(サイフを拾った翌日)から待ち伏せしてたんじゃないの?
食事をしたのは先週(21日)じゃん!?

「それっていつ頃から‥‥?」
「昨日からですよ」
「え"?(ウソぉ!?)」

どこで待ってたのか聞いたら、●●口(改札の場所)だと答えた。
少なくともこれはウソじゃない。
昨日いたところだし。

だけど今週からってのはどぉよ?
確率的に有り得ない話だったんじゃ‥‥?
疑問に思いつつもそこは追求しなかった。
何だか底知れぬ深みにハマっていくような感じがした。

僕は自分の仕事の事を簡単に話して、
滅多に地下鉄には乗らないことを説明した。
言外に待ち伏せはヤメてくれと言いたかったんだけど、
彼女は「じゃあ、今日会えてラッキーでした」と言って笑った。

勘弁してくれよぉぉぉ!!(‥‥と心の中で叫んだ)

とりあえずここで別れた。
釈然としないものはあったけど、言いたいことは言ったし、
会って良かったと思ってる。

終わった(w
疲れ"た"。。。

306 :('∀`):2005/09/27(火) 22:34:43
>食事の時に話したあること‥‥
気になる

323 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:02:30
>>306
大雑把にこんな感じ。
だいぶ要約してるけど。

21日(食事の時)の会話。
彼女「私って話し方が訛ってて変ですよね?」
僕 「そぉ?」
彼女「言葉づかいが変だって会社の人に笑われたんですよ」
僕 「訛りってのは文化で本当は美しい言葉だよ」
彼女「え?」
僕 「訛りを笑うのは異文化を理解出来ない狭義的な人なワケ」
彼女「はぁ‥‥」
僕 「その人達って仕事遅いでしょ?」
彼女「え?」
僕 「視野が狭くて他人の揚げ足を取る人は大抵は無能だよね」
彼女「そうなんですか?」
僕 「観察してたら分かるよ」

今日の会話。
彼女「●●さんの言う通り、観察したら大した人達じゃないんだなぁと‥‥」
僕 「そうそう」
彼女「それで気が楽になりました」

ま、少しでも励みになったんなら良かったと思う。

313 :('∀`):2005/09/27(火) 22:53:34
女は平気で嘘をつくぞ

317 :前スレ1:2005/09/27(火) 22:57:31
ストーカーじゃないと思うんだけどね。
釈然とはしないけど、ウソついてるようには見えなかったし。

321 :('∀`):2005/09/27(火) 23:01:01
メガネっ子はなぜ前スレ1が使う改札を知ってたんだろう?

325 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:05:20
>>321
スマソ、抜けてた。
ミスドで前を通る僕を見かけたそうだ。
それが水曜日(飯食った日)


324 :カイ:2005/09/27(火) 23:03:06
本当にストーカーなのかぁ?
なんか、微妙^^;
被害妄想というか・・・
話しが上手く行きすぎてるというか・・・

328 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:08:52
ストーカーでは無いんじゃないかな‥‥と個人的には思う。
けど、そうそう偶然に会うってのも変な話しだとも思う。
結局の所、釈然としないままって感じ。
ただ、これから待伏せは無いんで、その分気が楽になった。

329 :カイ:2005/09/27(火) 23:09:56
そうですかぁ。
でも、明日もいたらどうするの?
いたら面白いねぇw


330 :('∀`):2005/09/27(火) 23:12:09
田舎から出てきて訛りを笑われたら、スゲ-落込むもんだ。
19歳ったら高卒だよな。
あんなこと言われたら前スレ1から後光がさしてたはずだ。

332 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:14:53
>>329
明日は行かないっす。
さすがに仕事が( ゚Д゚)マズー

>>330
話してる雰囲気はまるで説教だったけど(w
うわぁ、これじゃ自分の価値観押し付けてるだけじゃん‥‥とか
思いますた(苦笑


333 :('∀`):2005/09/27(火) 23:15:41
結局、メアドは教えたのか?

336 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:17:12
>>333
教えますた。
メールも届きますた。

355 :ミハル :2005/09/27(火) 23:36:18
前スレ1が19才だったとして、
メガネっ子と会えばどう思うか考えれば良い

363 :前スレ1:2005/09/27(火) 23:42:10
355の質問を熟考中

364 :('∀`):2005/09/27(火) 23:45:50
>>355の質問は熟考しても意味ないだろ?
今現在>>1は37なんだから。

377 :前スレ1:2005/09/28(水) 00:03:18
高校の頃、すごく好きだった女の子がいた。
僕らの時代は携帯やメールは無かったから、交換ノートしてた。
彼女には彼氏がいた。
だからノートの中身は相談事だった。
その子との交換ノートは卒業してからもしばらく続いてた。
だから実際の19歳なら、どんな女を好きになることは無かった筈。

ただ、メガネっ子は良い子だと思う。
良い子だと思うから、妙な気を起こしてはマズいと思う。
現実的には37歳と19歳の差が大きい。
37歳だと社会的にギリだと思う。
そんな男が19歳をどうこうってのは冗談じゃ済まない。
仮に彼女が僕に好意を持ってたとしても、
恋愛の対象としてではないとも思う。


388 :('∀`):2005/09/28(水) 00:17:01
>>1は女に困ってないのか?
それとも、メガネっ娘のことは関係なしに結婚とかは考えてないのか?


389 :('∀`):2005/09/28(水) 00:18:30
よしよし、お前の言いたいことは分かった。
じゃあ、こういう質問だとどうだ?

お前の良識をとっぱらって、一匹のメスとして見た場合
お前はメガネっ子を自分のモノにしたいと考えるか?


391 :前スレ1:2005/09/28(水) 00:21:11
>>388
困ってないこともないというか、
少なくとも彼女とかはいないっすよ。

>>389
あははははは‥‥(思考停止


392 :前スレ1:2005/09/28(水) 00:22:59
スマソ、今日は限界っす。
まだ風呂にも入ってないんで落ちます。


394 :('∀`):2005/09/28(水) 00:25:02
つーか逃げたなw


395 :('∀`):2005/09/28(水) 00:48:47
改めてスレを読むと何か知らんが泣きたい気持ちになってきた・・・


396 :('∀`):2005/09/28(水) 01:19:15
俺が前スレ1なら何とかしてメガネっ子と付き合おうと考えるな。
人生最大のチャンスやん。
でも37才ってしんどいな。
もう結婚前提じゃなきゃ付き合えない年だもんな。
相手が19才じゃ躊躇するよ。
メガネっ子が29才だったら良かったのにな。
考えてみたら運の無い話だ。


397 :('∀`):2005/09/28(水) 06:03:26
年齢差なんて小さな事、気にするな。
人生のチャンスなんてそうそうないぞ。
仕事に生きている男なら、チャンスとタイミングが、
いかに大事か解ってるだろ。
これは、お前の転機だ!

422 :前スレ1:2005/09/29(木) 23:13:07
帰ってきたんで、今からスレを読みます。
でわでわ。。。


442 :('∀`):2005/09/29(木) 23:50:14
その後、メガネ子とは何もないの????

445 :前スレ1:2005/09/29(木) 23:55:44
>>442
メールは来るですねぇ。。。
今、返事書いてたりします。
携帯で入力するのは大変なんでパソコンで返してる(w

447 :('∀`):2005/09/29(木) 23:58:21
報告しる!!
即効で!


451 :前スレ1:2005/09/30(金) 00:03:28
好きなアーティストは?、と。
彼女はB'zだそうで。。。

453 :('∀`):2005/09/30(金) 00:06:55
何だかメチャクチャ恋人モードだと思うのは俺だけか?(-_-;


454 :前スレ1:2005/09/30(金) 00:09:09
何だか深みにハマっているような気がする。
でも、返事書かないと悪いし、
対応間違って待伏せ再開されたら困るし。。。


455 :('∀`):2005/09/30(金) 00:10:17
煽るわけじゃなく真面目に聞きたいのだが・・・
前スレ1の言動には矛盾が無いか?
何でも無いと思う奴の為に、わざわざ仕事を放り出して
会いに行ったりするか?
メールの返事書いたりするか?
正直に答えてくれよ、何の束縛も無かったら、
前スレ1はメガネっ子のことをどう思うのだ?

457 :前スレ1:2005/09/30(金) 00:20:22
>>455
なんだか誘導質問っすね。。。
僕がまだ若くて、世間知らずだったら
どうこうあったかもしれないっすね。
でも、人を好きになるってのはそんなに単純な話しじゃない。

メガネっ子は良い子だと思うですよ。
そんなに彼女のことを知ってるわけじゃないけど、
スレたところはないし、可愛いとも思う。
なんだろ、小動物的な愛らしさみたいな感じ?(w

でも、というか、だからこそ、まっとうな人生を歩んで欲しいというか
心境的には保護者モード(w
いっそのことパパと呼んで‥‥(違っ


462 :('∀`):2005/09/30(金) 00:41:03
俺は前スレ1がどうしたいと思っているかなんてどうでもいい。
しかし中途半端な気持ちなら、とっとと別れろと言いたい。
メガネっ娘が前スレ1を好きだろうとそうでなかろうと、
前スレ1に付き合う気が無いなら餌付けするような真似は止めて欲しい。


465 :前スレ1:2005/09/30(金) 01:21:32
>>462
正論っす。
中途半端な気持ちしか持てないなら対応しない方がいい。
たぶん待ち伏せられたら困るというのは言い訳。
スレに書くのは既に精神安定。
あの子は僕にとって壁。


475 :('∀`):2005/09/30(金) 23:54:02
拝啓、前スレ1さん、
メガネっ子は、前スレ1さんのことが好きなんだって
だから、「壁」なんて言わんと
早く自分の気持ちを整理して、
彼女に言ったほうがいいで
結果がどうであれ前スレ1さんは今よりも
先に進むから
                   敬具 

477 :('∀`):2005/10/01(土) 01:02:59
>>475がすげーいいこと言ってるような気がする。
現状維持ってのは失礼だと思うから、考えて答えを出した方がいい。
壁なら乗り越えるか、立ち止まるか、引き返すかぐらいかは決めないとな
とか、よくわからんこと思ってる。


479 :('∀`):2005/10/01(土) 17:49:28
メガネっ子の気持ちはどうなんだろ?


481 :前スレ1:2005/10/01(土) 20:16:34
今から独り言を書きます。
長い独り言になると思う。
意見とか言われてもレスは出来ないと思う。

僕が就職した頃はバブルの末期で世の中はまだ勢い付いていた。
軽薄な時代だった。
仕事が終われば、カフェバーやディスコに集って夜中まで遊ぶ、
それが普通だった。

恋愛だってゲームのようだった。
知り合った友達、その友達、さらにその友達、連鎖式に女友達ができた。
マスコミ関係は特に人気があった。
あるシティホテルの地下ラウンジは、若い業界人の社交場と化していて
それを目当てにやってくる女の子も大勢いた。
笑っちゃうくらい、みんなボディコンで前髪を立ててた。

女にも遊びにも不自由することは無かった。
バブルってのはそういう時代だった。
バブルがはじけても数年はそういう状態が続いていた。


外注先のとあるプロダクションに女の子がいた。
専門学校を卒業したばかりの駆け出しのコピーライターだった。
大きな仕事を任されるわけもなく、彼女は納品の為にしょっちゅう来てた。
つまり使い走りである。
ショートカットの垢抜けない子だったけど、いつもニコニコと笑っていた。

メインじゃ無い仕事ばかりだけど、
ミーティングに参加すれば、誰よりも真剣に話しを聞いていた。
僕がホワイトボードに書いたチャートを、
一語も漏らすことなく写しとっていた。
そんな子だった。


外注先を労う忘年会があった。
その日、僕はチャンポンで飲まされた。
へべれけに酔ったが、何とかやり過ごして帰途についた。

方向が同じ人達と一緒になって地下鉄に乗り込んだものの、
電車が走り出して揺れると猛烈に気分が悪くなった。
とても持ちそうに無かったので次の駅で降りた。
みんな心配してくれたけど、僕は気丈に振る舞った。
他人に格好悪いところは見せたくなかった。

ギリギリの所でトイレに駆け込んで洗面台で吐いた。
息が出来ずにむせ返った。
すると誰かが僕の背中を叩いて「大丈夫ですか?」と言った。
コピーライターの子だった。

どうして彼女が?


彼女は僕の背中を叩き続けた。
おかげで息が出来るようになって少し楽になった。
隣の洗面台で口を漱いだ。
そして彼女の方を向いて、僕は度胆を抜かれた。

彼女は洗面台に溜まった汚物を素手ですくって、
何度もゴミ箱を往復したのだ。
そして、これも素手で丁寧に洗面台を拭いて汚物を水で流した。

二十歳かそこらの女の子が男子トイレで他人の汚物を素手で掃除する、
そんなこと出来るものなのか?

驚きを通り越して唖然とした。
彼女の行為が信じられなかった。

彼女は何事も無かったかのように手を洗ってから、
僕を抱えるように‥‥というか、支えになって歩き出した。
彼女の身長はそれほど高くなかった。

気分は少し楽になったものの、
ひどい頭痛はしてたし、たぶん足取りふらついていた。
自分では普通に歩いてるつもりだったけど、何度も彼女の体にぶつかった。

よろよろと階段を上り、近くにあったバス停に辿り着いた。
彼女は僕をベンチに座らせてから、走って水を買いに行った。
その頃はまだ自販機で水なんか売って無かったから、
遠くまで買いに行ったと思う。
水を飲まされながら、僕は「格好悪いな」と思った。

少なくとも仕事関係の中では「格好良く」というのが僕の信条だった。
僕に限らず、この頃の連中はみんなそうだった。
お洒落や振舞いに気を使って、いかに自分を格好良く見せるかに腐心した。
馬鹿のようにDCの服を買い漁って、アメックスのカードの色に
ステータスを見い出すような奴ばかりだった。
そんな連中にとっては「格好悪い」というのは致命的なことだった。


494 :前スレ1:2005/10/01(土) 21:16:43
だから翌日、彼女とどう接していいか分からなかった。
それまでは仕事ができるヤングエグゼクティブを気取っていたのに、
あんな醜体を見せたのだから無理もない。

けれども彼女は、最初に「もう大丈夫ですか?」と言っただけで、
後は普段通りだった。
というか、むしろ今まで以上に親近感を持っているように見えた。

そこで僕は思った。
「汚物を素手で掃除するくらいだから俺に惚れてるんじゃ?」と。

短絡的な発想だ。
けれども、確かに彼女は僕に好意を持っていたのだった。


食事に誘い出した。
日航のメインだった。
彼女は目を丸くした。
彼女が着ていたのは、母から譲ってもらったという
古着のツーピースを仕立て直したものだった。

そこが、彼女に不釣り合いなのは分かっていた。
分かっていて選んだレストランだった。
口説くには良い場所だった。
彼女は簡単に交際をOKした。

僕はサイテーの奴だった。
彼女の事を本気で好きだったわけじゃない。
ボディコンに飽きて、ちょっと毛並みの変わった子に
ちょっかいを出した程度の感覚だった。

本当、胸くそが悪くなるくらいに最低の奴だった。

何度かデートをした。
彼女が着てくる服は普段着ばかりだった。
だから行ける場所は限られる。
映画か、せいぜいビリヤードくらいだ。

彼女のガードは固く、セックスに応じようとはしなかった。
それまで付合った女の子は、あからさまに言わなくても
雰囲気でホテルに付いてくるような子ばかりだった。
だから、彼女の対応は不可解で不愉快だった。

僕はキレて「別れよう」と言った。
そう言うと、さすがに彼女も拒まなかった。


501 :('∀`):2005/10/01(土) 22:11:59
メガネっ子と何かあったの?
ヤケになってないか??


502 :('∀`):2005/10/01(土) 22:11:59
いったい何が起こってるの?

503 :('∀`):2005/10/01(土) 22:14:24
分かんねーんだよ・
>>481から一人言を始めてる

504 :前スレ1:2005/10/01(土) 22:21:13
適当なラブホに入った。
入ってからも彼女は躊躇していた。
そこでは優しく振舞って何とか彼女を脱がせた。
そして彼女の体を見て驚いた。

胸部と腹部に大きな縫傷があった。
フランケンシュタインの縫い目のようなものだ。
実際その時、僕はそう思った。

彼女は手で隠そうとしていたけど隠せるものじゃない。
彼女は「ごめんなさい」と何度も言った。
僕は何も言えなかった。

ものすごく引いた。
気持ち悪かった。
けれど僕は彼女を抱いた。
なぜか?

気持ち悪さよりも性欲が優ったからだ。

なるべく傷跡を見ないようにした。
彼女は始めてだったが、そこまで考える余裕は無かった。
激しく動くと、どこかの縫い目が破れそうで恐かった。
ともかく何とか終わらせた。
終わると僕はすぐに仰向けになった。

彼女は泣いていた。
泣きながら、途切れ途切れに
「こんな私を抱いてくれてありがとう」
と言った。


ありがとう?

強烈な自己嫌悪が襲ってきた。
まるで病気のように体が震えた。
気付くと鳥肌が立っていた。
自己嫌悪で恐怖に陥るなんてことがあるのか?

自分で自分が恐くなった。
「一体、俺は何をしたんだ?」

僕は彼女を抱き締めた。
だけど、それは彼女が愛しかったからではなく、
その時の状況を救って欲しかったからだったと思う。

抱き締めて背中に手を回すとそこにも傷跡の感触があった。
胸部と背中の傷跡の感触を感じているうちに涙が溢れ出た。

抱き合ったまま二人で泣き続けた。


512 :('∀`):2005/10/01(土) 22:40:09
ネタなんだかよくわからん
とりあえず完結するまで待つしかないよな


513 :('∀`):2005/10/01(土) 22:40:51
反応が欲しいってこと?
過去の精算?

516 :('∀`):2005/10/01(土) 22:49:19
ずーーーっと誰かに話を聞いてもらいたかった。とか
10年前のこと吹っ切れてないって言ってたしね。
過去を清算して、メガネッ子にGOか?


517 :前スレ1:2005/10/01(土) 22:51:35
それから数日間、彼女とは会わなかった。
僕から連絡することもなかったし、彼女も僕を避けてたと思う。
傷が何なのか疑問だった。
彼女は一切の説明をしなかったし、僕からは聞けなかった。

しばらくして彼女から電話があった。
「今日会えますか?」

約束の場所に行くと普段通りの彼女がいた。
普段通り過ぎて拍子抜けしたくらいだ。
だけど彼女が話したことはショッキングなものだった。

「会社を辞めました」と彼女は言った。
「え?いつ?」
「今日」

辞めた理由は話さず、彼女は唐突に「別れてください」と言った。

このまま彼女と付合い続けれるのか、とは僕も思っていた。
けれど、一方的に「別れよう」と言われるのは心外だった。
半ばケンカ別れのような形で僕らは別れた。
後味が悪かった。

彼女の事を考え続けた。
だけど、会社を辞めた彼女に連絡する術は無かった。
その頃はまだ携帯を持っている人は一部だったし、
僕は彼女がどこに住んでいるのかすらも知らなかった。


半月くらいしてから彼女の弟が会社に僕を訪ねてきた。
突然で驚くと同時に、嫌な予感がした。

彼は最初に「●●●●を知ってますか?」と言った。
いやに芝居がかった言い方だなと思いながら「よく知ってるよ」と答えた。
彼はほっとしたような顔をして、
「姉が入院してます、見舞ってくれませんか」と言って
病院と病室が記されたメモを僕に手渡した。
何の病気か尋ねると「詳しいことは知らない」と彼は言った。
嘘だと思った。
だけど、それ以上は聞かなかった。

その日のうちに病院に行った。
大きな大学病院だったが少し古い感じがした。
行ってから何も土産を買ってないことに気付いた。
幸い、病院の中に店があったので無難に花を買った。

病室は確か8人部屋だった。
個室じゃなかったので少し安心した。

部屋に入ると彼女は一番手前のベッドにいた。
彼女は僕を見ると「うそ‥‥」と呟いた。
どうやら弟は勝手に僕を呼んだらしかった。


525 :('∀`):2005/10/01(土) 23:08:23
禿げしく嫌な悪寒がするんですが・・・


526 :('∀`):2005/10/01(土) 23:11:48
禿同。まさかセカチューか?


527 :前スレ1:2005/10/01(土) 23:13:20
彼女は元気そうに見えた。
パジャマ姿のせいで少し弱々しく見えるだけで、
普段と変わらないんじゃないかと思った。

事実、彼女は病院内を自由に行き来することが出来た。
着替えれば病院を抜け出すことだって出来そうに思えた。
病名を尋ねたけど、
彼女は「大した病気じゃないんですよ」としか答えなかった。

二人とも、別れ話のようなデリケートな話題は避けた。
するとすぐに話題が無くなった。
そうなるともう帰るしかなかった。

別れ際に彼女が言った。
「もう、来なくていいですからね」

彼女がどうしてそう言ったのかは推測の域を出ないけれど、
それが切実な願いだということは理解できた。
彼女の目は真剣そのものだった。

だけど僕は翌日も病院に行った。
その翌日も、次の日も‥‥。

5日目に彼女が泣いた。
「もう私達、付き合ってないんですよ」といった。
「友達でもいいじゃん」と僕は言った。

たぶん、その時に僕も彼女も何かを振り切った。


毎日病院に通った。
仕事が忙しければ途中で抜け出して、残業で辻褄を合わせた。

半月も経てば彼女の病気が何であるかは一目瞭然だった。
だけど僕はその事には触れなかった。

平日は夕方の1時間くらいしか会えなかったけど、
色んな話しをするようになった。
大抵は仕事に関する話しだった。
あの広告はどうだとか、あのライターのコピーはどうだとか、
そんな話しをした。
休日の暖かい日は中庭を散歩したりもした。
そんな時はこのまま退院できるんじゃないか、とか言ってた。


532 :('∀`):2005/10/01(土) 23:30:52
3時間も書き続けてる・・・・


533 :前スレ1:2005/10/01(土) 23:31:38
おかしな話しだけど、見舞っているうちに
僕は彼女のことが本当に好きになった。
会う度にどんどん彼女に惹かれていった。

惹かれるのに比例するように、
彼女の体はやつれていく。
それがものすごく嫌だった。
代れるものなら代わりたかった。


534 :('∀`):2005/10/01(土) 23:33:46
駄目だ、涙出てきた。
この後の話し、聞きたくない。


535 :('∀`):2005/10/01(土) 23:35:03
もう止めてくれ>前スレ1


536 :('∀`):2005/10/01(土) 23:36:06
結果は言わずとも、分かる。
もうヤメれ!!!!

537 :前スレ1:2005/10/01(土) 23:38:34
春になる頃、急激に彼女の衰弱が進んだ。
本当にあっという間だった。
1日1日痩せていくのが分かるのだ。

自由に動き回っていたのに点滴が外せなくなった。
最初は1本だったのにどんどん増えていった。
鼻に管が付けられて寝たきりになってしまった。
それでも話すことは出来た。
少し眠そうだったけど酸素のせいだと言ってた。

でも、ICUに入ると会話なんか出来無かった。
手を握ったり、顔をさすったりできるだけだった。
そして、二日後に彼女は旅立った。


不思議なことに心の準備は出来ていた。
もちろん沢山泣いたし、やるせない気持ちもあったけど、
何とか彼女の死を受け入れることができた。

後々、その事を考えると、
彼女がICUで二日間、頑張ってくれたからだと悟った。
その二日間は恐ろしく短く、そして恐ろしく長い時間だった。
その間、強制的に心の準備をさせられていたのだ。
そんなことにまで気を使ってくれる子だったんだな、と思った。

「最後に苦しまなかったのが幸いでした」と彼女の母が言った。
この人はこんな時に何を言ってるんだろう‥‥と腹が立った。
しかし親が子供を苦しむ姿を見たくないのは当然だし、
そう考えることが慰めになるなら仕方ない‥‥とか考えた。
だけどそれは間違った解釈だった。

後日、彼女の手紙を持って弟がやってきた。
手紙はあらかじめ預かったものだという。
その時、彼から始めて聞かされた。

彼女は、鎮痛剤やシャーベットを投与する時間を、
僕の訪問時間に合わせていたというのだ。
どんなに周囲が反対しても彼女はそれを譲らなかった、という。
もちろん、その分のツケは後にくる。
夜明け頃が最も苦しく、
ベッドの中で唸っている彼女の体を
母親は毎日さすり続けた、という。


僕は大馬鹿者だ。
一体、あの子の苦しみの何%を知っていたというんだ?
一張羅が母のお下がりだった意味を考えたことがあるか?

弟が帰ってから、非常階段で号泣した。
防火扉を何度も殴った。
今すぐ屋上に上って飛び下りてやる、と凶暴な気分になった。

けれど、手紙を読まずには死ねなかった。
そんな馬鹿な考えを制してくれたのも結局は彼女だった。


手紙は家に帰ってから読んだ。
二通あった。
泣きながら書いた手紙だと一目で分かった。

一通目は入院する前に書かれたものだった。
病気のことと、主に謝罪の言葉が書いてあった。

急に仕事を辞めてごめんなさい。
急に別れてごめんなさい。
いっぱい迷惑をかけてごめんなさい。
病気だったのに付合ってごめんなさい。

謝らなければいけないのは僕の方だった。
なのに僕は彼女に一言も謝れないままだった。

二通目の手紙には感謝の言葉が書いてあった。

仕事を教えてくれてありがとう。
付合ってくれてありがとう。
お見舞いに来てくれてありがとう。
CDを聞かせてくれてありがとう。
励ましてくれてありがとう。
人生の一部を私の為に使ってくれてありがとう。

そして最後に約束ごとが書かかれていた。
それは僕を気づかってくれたものだけど、
同時に呪縛にもなった。

彼女は自分がああなることを知っていた。
恐らくは数年前から知っていたのだと思う。
その上で学校に通って自分の好きな仕事に就いたのだ。
時間は過ぎていくのに、自暴することもなく、
普通の生活を普通に営んでいた。
彼女は強かった。

彼女が僕の前から消えてから、
僕はひたすら仕事に打ち込んだ。
何かに没頭しなければ泣き出しそうだった。
彼女がやりたかったことなら、なおさらだ。
だから妥協できなかった。
上司だろうがクライアントだろうが徹底的に戦った。
過激な言い方だけど僕にとっては戦いそのものだった。

そうして最初の5年を乗り切った。
悲しみは癒えるものだ。
自分を責める気持ちも少しは収まった。

だけど、彼女との約束ごとを思うと
恋愛なんか出来無かった。
というより、する気になれなかった。


次の5年、僕は自分に対して無頓着になっていった。
というか自分の命に無頓着になっていた。

ある日、突然めまいがした。
何かと思えば、片耳がほとんど聞こえなくなっていた。
数日前から、耳に違和感を感じていたが、
大したことじゃないと放っておいたのだ。
「こんな状態になるまで放っておくなんて」と医者に咎められた。

喉が痛いこともあった。
タバコの酸い過ぎだろうと放っておいた。
数日後、入院した。
名前は忘れたが、何かの感染症だった。
倒れるまで気付かなかった。

気付かないのは仕事が忙しかったからだ、と思った。
けれど違った。


出張で外国に行った。
その日の仕事を終えて、上司と別れてカフェに行った。
その帰りだった。
二人組の男が現れた。
一人が僕を後ろから締め上げ、もう一人はナイフで脅した。
何かを叫んでいた。
英語ではなかったけど、言っている意味は分かる。
金を出せ、というようなことに違いない。

僕は現実感を持たなかった。
言葉にするのは難しいが、
「ここで刺されたとしてそれが何だと言うのだ?」
というような心境だった。

結局、男達は何も盗らずに行ってしまった。
笑いながら去っていったので、何かの冗談だったのかもしれない。
しかしその時始めて、僕は自分の異常事態に気がついた。

異常事態とはいっても病気というわけではない。
生活に支障を来たすでもなく、苦痛があるわけでもない。
頭の中では「危険だぞ」と分かっているのだけれど、
その先の考えが進まない。

だけど、あの子の事を思うと、そのままではいられなかった。

真似事でも何でもいいから執着心を取り戻そうと思った。

ウォーキングを始めた。
体を絞った。
食生活を変えた。
映画を見に行った。
模型を作った。
ギターを弾いた。
通販で無駄ものを買ってみた。
同窓会に顔を出した。

そうして2年を過ぎた頃から、
普通のことが普通に出来るようになった。

同僚に冗談を言う。
友達と飲みにいく。
テレビを見て笑う。
サッカーの中継時間を調べてから見る。
好きなアーティストのCD買って聞く。
美味しい定食屋を探す。

普通に恋愛しなければ、とも思った。
そうすることがあの子に報いることだと分かってた。
だけど、あの子の約束ごとは胸に突き刺さったままだった。

地下鉄で出会った彼女が
あの子と少し似ているなんて、最初から気付いてた。
もちろん顔は違うし、あの子はメガネをかけてなかったけど、
眼下に見える黒髪のボブショートに、はっとした。
そうじゃなけりゃ拾い残しを探したりはしなかった。
もう一度会えるかも、と思ったからこそダッシュした。
他意は無かった。
名刺を見せてもらって連絡してこないかな‥‥とは思ったけど。

そこで終わる筈の話しだった。
こんなことはしょっちゅうだ。
あの子の面影なんて毎日探してる。

だから、再び彼女と出会ったのは驚きだった。
彼女だったから10日過ぎても分かったし、
声をかけることもできた。


食事の時、益々あの子の面影を見い出した。

笑う仕種、
目の逸らし方、
喉を触る癖
まるで生徒のような話し方
手に取るように分かる言動

だけど、そんな理由で人を好きになっていい筈がない。
二回りも歳が違う子にどうしようっていうんだ?
このまま「いい人」で終わるのが賢明だ。

でも、本当は彼女が連絡先を聞いてくれるのを期待してた。

それが叶わなかったのだから、
今度こそ終わった筈の話しだった。


彼女が待伏せしている、とは信じなかった。
けれど、「もしかしたら」と思うと行かずにはいられない。
駅にいる彼女を見た時、これはデジャブだと思った。
それは確かにいつか見た光景だった。

自分がとんでもない過ちを侵そうとしているのでは、と思った。
あの子との約束ごと、
僕に課せられた呪縛。

彼女は僕の均衡を壊す危険な存在だった。


578 :('∀`):2005/10/02(日) 01:23:25
もう5時間だよ
お前倒れるぞ


579 :554:2005/10/02(日) 01:24:07
>>1
それ以上書くな!

581 :前スレ1:2005/10/02(日) 01:26:40
それなのに妙に心がソワソワしてた。
落ち着かない気持ちだった。

僕は「いい人」を演じることで、
それを押さえ込もうとしてた。
茶化して誤魔化そうとした。

けれど、その一方で「そんなことはなんでもないんだ」という
後押しを欲していたような気もする。

このスレは僕の精神安定剤のようなものだった。
誰にも話すことは出来ないけど、
誰かに話さないと耐えられなかった。

スレには書かなかったけど、
実は火曜日に会った時、
彼女から真剣な話しがあった。

哀しくて重い内容だった。
そして、それは僕に対する告白も同然だった。

間に受けてはいけないと思った。
彼女は若い。
一時の気の迷いだ。

僕は奇跡なんてものは信じない。
それなのに、この数日間は符号だらけだ。
見えない力が働いてるとでもいうの?
そんなもの僕は信じたくはない。



589 :前スレ1:2005/10/02(日) 01:39:06
以上で独り言は終わり。
ワケワカな部分もあるけど
自己完結なんでごめん。。。

辛い部分が多いのでレスしない。
今だって涙でグチャグチャだ。
あの子の事は人に話す筈じゃなかった。
話せる人がいなかったのでここに書いた。
これは僕にとってのハードル。
超えないと彼女とは向き会えないと思った。

明日、彼女に会います。


590 :('∀`):2005/10/02(日) 01:39:52
ええ?
どういうこと???


591 :('∀`):2005/10/02(日) 01:41:16
明日の予行練習だったってこと?

593 :('∀`):2005/10/02(日) 01:43:11
なんか新しい事実がいっぱいあるんですけど、、、
火曜日に告られてた??


595 :('∀`):2005/10/02(日) 01:46:02
答えだすってことか?
なら、頑張れ


596 :('∀`):2005/10/02(日) 01:47:19
自分なりの区切りを付けたって解釈でいいの?
前の彼女との決別??

答えてくれよ


597 :('∀`):2005/10/02(日) 01:48:27
永い独り言乙
明日の報告待つよ


608 :554:2005/10/02(日) 02:04:05
>>1は約束によって縛られてる。
だから苦しんでる。
縛りを解く=約束せざるをえない状況から抜け出すということ。
約束せざるをえない理由はメガネッコ。
だから>>1はメガネッコとの接点をなんらかの形で消すはず。
強い思念が物語るのは逃げの気持ち。
最悪の場合メガネッコという存在が消えることもあるかもしれない。


612 :554:2005/10/02(日) 02:16:22
前スレ1が早まらないように祈るしかない・・・。


645 :('∀`):2005/10/02(日) 17:50:19
前スレ1、たぶん今メガネッコと会ってるのか。どんな話をしてるか気になるが、遅いがこれを言わせてくれ。
お前の後悔しない結果なら、ここのスレで待ってる住人はおまいに『おかえり』って言うぞ!
だから、絶対悔いは残すなよ!そんなこと、このスレ住人は誰一人望んでないからな!
なぁ、おまいら!


646 :('∀`):2005/10/02(日) 17:57:28
そうだ!そうだ!!
皆がオマエを心配してるからこそ
こうやって集まって話してるんだぞ。
だから、お前の好きなようにやって来い
そして、悔いのないようになることを
俺はこのパソコンの前で祈ってる…


647 :('∀`):2005/10/02(日) 18:00:22
俺もパソコンの前で前スレ1を待つ!


648 :('∀`):2005/10/02(日) 18:01:11
お前が満足な顔をしてスレを書いてくれることを祈るy

651 :前スレ1:2005/10/02(日) 19:35:56
実はとっくに戻ってたりして(w
書こうかどうしようか迷ってるです。
てか、どうやってまとめようか悩んでる(苦笑

精神安定って意味なら、もう書く必要は無いんだけど
さすがにそりゃみんなに無礼だろうと思う。
それにしっかりとケジメを付けたいとも思う。

でも、実際は書けない話しとかもあるわけで、
それを外すとワケワカになっちゃう。
もうしばらく時間かかると思うっす。

でわでわ。。。

てか、みんないい人だよね ( ̄ーÅ)


652 :('∀`):2005/10/02(日) 19:53:22
何でストーカーと決めつけて異常に怖がってたのか理由が分かった。
ストーカーを怖がっていたのではなく、前カノの亡霊というか思念が
恐かったんだな。

675 :前スレ1:2005/10/02(日) 22:22:32
火曜日の話しからしないと無理そうなんで、
まずそこを書いたです。
抽象的な表現で人称がデタラメだけど許してください。
リアルには書けないっす。
こんだけ書くのにすごい時間がかかった(苦笑


彼女が勤める会社は有名なとこ。
高卒枠は少ないと思う。

地元で説明会があった。
説明会が終わった後、会社の人に呼び出された。
呼び出されたからには行かないといけないと思った。
その人と一緒に食事をした。
少し嫌なことをされたが我慢した。
内定が出た。

彼女は人事部に配属された。
事務職なのでビックリした。
家族は喜んでくれた。
けれど、そこは地獄だった。

上司のセクハラがあった。
同僚から陰湿なイジメにあった。

大きな会社だから派閥や学閥があることは容易に想像できる。
高卒の彼女がスケープゴートにされたのだと思う。


彼女は独りだった。
誰に相談することも出来ず、その日その日を乗り越えるしか無かった。
幸せといえば帰りに飲む一杯のアイスチョコくらいのものだった。
彼女の忍耐力は磨耗していた。

あの日、死ぬつもりだった。
台風だったら部屋を閉め切っても不自然じゃないし、
外がうるさければ苦しんでも気付かれない、と考えた。

彼女が自殺することは無かったと思う。
そう考えたとしても実行には移せないのが常人ってもんだ。
そういう経験は誰にでもある。

だけど、そういう時に人から優しくされれば
普段よりも何倍も嬉しく思うことは想像がつく。
追い詰められた彼女が錯覚を覚えたとしても仕方ないことだ。


今度会えたら奇跡だと思ってました。
勝手に好きになっていいですか?

彼女はそう言った。

その台詞、何度も頭の中で反芻してたんだな、と思った。
子供っぽいな、とも思った。
奇跡ってのは幻想なんだよ。

でもたぶん、その時好きになってた。


679 :前スレ1:2005/10/02(日) 22:42:57
ついでに一言。
ネタと思う人はそれで良いと思ったりするっす。
元々、2ちゃんってそういう所だと思う。
僕だって他のスレ見て「ネタだろぉ~」と思うことあるし(w

個人的には「嘘を嘘と見抜けない‥‥」という考え方が好きなんですよ。
だから、トリップを付けたりするのも好きではないっす。

ある意味、修練の場?(笑
2ちゃんのような匿名掲示板の出現で、
世の中のトリックが露呈してる部分ってあると思う。
そういう感覚を研ぎすますにはもってこいだ、とか。

僕はこのスレでずいぶん助けられたことがあって、
そういうのは、きっと感覚の部分に依るところが大きいように
思ったりします。
色々な考え方をする人がいないとダメだということっすね。


682 :前スレ1:2005/10/02(日) 23:00:11
頭がボーーっとしてきた。
以下から今日の話し。
ここからは普通のペースで書ける‥‥筈?(w


待ち合わせ場所に行くと彼女が既にいた。
静かな場所で話したかったので近くの神社に行った。
彼女はオドオドしていた。
たぶん僕に拒否られると思っていたんだと思う。

僕は自分の歳を打ち明けた。
実は歳のことは彼女には内緒にしていた。
彼女は少し驚いたようだったけど「平気ですよ私は」と言った。

彼女の言葉の意味を考えると可哀想になった。
だから茶化すように言った。

「親子でもおかしくないよね」
「あ、大丈夫です。私、父親いないです」

何が大丈夫なんだ!?(心でツッコミを入れる)

こう書くと笑い話しのようだけど、
シチュエーションはシリアスだった。


683 :('∀`):2005/10/02(日) 23:06:03
え?
やばくない?
この展開わ!


687 :前スレ1:2005/10/02(日) 23:17:21
簡単に説明した。
昔、好きだった子がいて君はその子に似ている。
僕が君に構ったのはそのせいだったと思う。
だから君が感じた好意は本当は好意じゃなかったかもしれない。

「その人の事がまだ好きなんですか?」と彼女が言った。
「いや、そういうんじゃないけど‥‥」言葉を濁した。
あの子がもういない事は黙ってた。

「嬉しいですよ」
「え?」
「私が●●さんの好きなタイプってことですよね」
「あ‥‥!」

目からウロコが落ちるようだった。
そういう考え方も出来るのだ!!
いや、むしろそう考えるのが自然じゃないか!!

すると、呪縛が消えていくような気がした。
同時に13年間の自分を思い出してた。

僕は仮に彼女と付合うことになったとしても、
その呪縛はつきまとう筈だと思っていた。
それは‥‥言葉にすると陳腐だけど‥‥
自分に課せられた十字架のようなものだと思っていた。
もちろんそれは自分で勝手に課したものだと分かっていたけれど、
まさか払拭できるとも思ってなかった。

まったく、女ってのは侮れない‥‥。
何が侮れないのかよく分からないけど、そう思った。
油断すると涙が出そうだった。

「好きになってもいい?」と僕は言った。
何だかマヌケな言葉だけど勝手に口から出た。
後になって彼女のセリフと同じだと気付いた(苦笑

彼女はポカンとしてた。
そりゃそうだ。
「好きなタイプってことですよね」の後が
「好きになってもいい?」じゃ会話になってない。

僕は慌てて言い直した。
「そう!好き!●●ちゃんのことが好き!」

それを聞くと彼女は下を向いた。
覗き込むと唇を噛んで笑っていた。

「私、会社を辞めます」と彼女が言った。
晴れやかな顔だった。

「だから実家に帰ろうと思ってました」
「え?」
「あ、もう帰らないですよ、仕事は変えますけど」
「うん」
「●●さんのせいですよ」
「うん」

二人で笑った。
何だか知らないけど笑いが込み上げてきた。

僕も彼女もお互いのことをよく知らないし年齢差もある。
でもどうやら、お互いを必要としているのは間違いないらしい。
だったら難しく考えることは無いんじゃないかな‥‥と思った。

「付合ってみる?」と僕は言った。
彼女はニッコリと微笑んでから「はい」と頷いた。

その時、あの子の笑顔も見えたような気がした。
13年間もごめんなさい。
そしてありがとう。

とりあえず、で終わり。
本当はこの後にもう一つ修羅場(?)があったんだけど
それは書けない。

変わりに「約束ごと」を最後に書きます。
これ書かないとまるであの子が悪者だ(苦笑

733 :前スレ1:2005/10/03(月) 00:42:32
最後に一つ約束してね。
勝手な約束ごとだけど。

私が死んでちょっぴり悲しんだら
すぐに新しい彼女を見つけてください。
そして私に似ているところを見つけてね。

耳の形とか
ホクロの位置とか
話しかたとか
どんくさいとことか
何でもいいんだ。

そして時々は私のことを思い出してください。
時々でいいですよ。
新しい彼女に悪いから。

時々でいいけど、
年をとってからも思い出してくれるとうれしい。

●●君が私を思い出してくれる時、
私は●●君のそばにいるよ。
必ずいるよ。


767 :24歳就活中 :2005/10/03(月) 02:41:09
>>733まじ感動した。何だコレは・・。
自分も4年付き合ってた彼女と別れたばかりなんだけど、やっぱり「死」と別れは
究極だな。
でも前スレ1の人生にとって今日は最大の転機になったと思うよ。
複雑ではあるけど、おめでとうと言っておく。
そして何より嬉しいのは前スレ1が多少なりともこのスレに支えられたこと、
自分自身もその一員になれたこと、かな。
ところで今俺は部屋に一人でいるんだけど、前スレ1の文章に涙腺を緩まされ、また、
前スレ1の新たな一歩を嬉しく思うとともに、とてつもない虚無感に晒されている。
久々に一人暮らしが寂しいと思った。何故か今日は孤独を怖いと感じる。
人間って、人生ってなんだろうね。
ここでふとつけたBGMがおいらの好きなサザンの「メロディ」に切り替わり、
なんかもう、なんだろう。
とんでもないスレを発見してしまったな・・。

796 :('∀`):2005/10/03(月) 04:19:33
なんか題名つけたい今日このごろ

803 :('∀`):2005/10/03(月) 08:52:10
>>796
題名つけるのは俺も賛成。俺はセンスないから提案しないけど。


815 :('∀`):2005/10/03(月) 11:30:03
>>796
>>803
つ『約束』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。